ルーフドレン


鋼製下地断熱屋根工法とは

デッキプレートなどの金属屋根材の上にコンクリートを打設せず、断熱材を金属屋根材の上に載せ、防水を施す乾式工法で、屋上荷重が軽く工期短縮が図れるため、大型の店舗や工場、倉庫などに適した工法として、その採用が増えているのが「鋼製下地断熱屋根工法」です。

 

固定、防水が確実に施せるルーフドレン

デッキプレートやフラットデッキなどの、鋼製下地の上に断熱材を載せ、防水を施すのが「鋼製下地断熱屋根工法」です。
この「鋼製下地断熱屋根工法」に、ルーフドレンが簡単に固定でき、確実な防水を施すことができます。
ルーフドレン本体に取り付けられた、固定金具を鋼製下地にタッピンネジで固定し、断熱材を敷き並べて 、防水を施すだけで、確実な雨仕舞いを施すことができます。
鋼製下地への固定
断熱材の敷設

防水材がスムーズに納まる構造

ルーフドレン本体の取付位置を、断熱材の厚みに合せた位置で固定できる構造で、防水材を段差なくスム ーズに張ることができ、漏水事故の発生を防ぐことができます。

各種防水材に対応

●アスファルト防水
●改質アスファルトシート防水
●合成高分子系ルーフィングシート防水

国土交通省の仕様書に準拠した防水層張掛け幅100oタイプをラインナップ

公共建築工事標準仕様書(建築工事編)平成25年版において、アスファルト防水、改質アスファルトシート防水、合成高分子系ルーフィングシート防水の場合、ルーフドレンの品質・性能として防水層の張掛け幅は100o以上とされております。鋼製下地断熱屋根工法用ルーフドレンは、防水層張掛け幅100oタイプを取り揃えております。


鋼製下地断熱屋根工法用 鋳鉄製 ルーフドレン 製品一覧表

屋上用

防水工法 製品
写真
製品
符号
防水層張掛け幅 排水
型式
排水管
接続方法
呼称 備考
アスファルト防水
改質アスファルトシート防水
合成高分子系ルーフィングシート防水
WHP-6 100mm たて引き ねじ込み式 75,100,125,150
合成高分子系ルーフィングシート防水 ESP-6D 45mm
(※呼称200のみ65mm)
たて引き ねじ込み式 75,100,125,150,200 断熱材付
EXS-6 50mm よこ引き ねじ込み式 75,100,125,150,200
EXC-6D 45mm よこ引き ねじ込み式 75,100,125,150,200 断熱材付
アスファルト防水
合成高分子系ルーフィングシート防水
ESP-6 45mm
(※呼称200のみ65mm)
たて引き ねじ込み式 75,100,125,150,200
EXH-6 100mm よこ引き ねじ込み式 125,150
EXC-6 45mm よこ引き ねじ込み式 75,100,125,150,200
アスファルト防水
(キャント付入隅用)
WHXA-6 100mm よこ引き ねじ込み式 75,100 キャント付


鋼製下地断熱屋根工法用 ステンレス鋳鋼製 ルーフドレン 製品一覧表

屋上用

防水工法 製品
写真
製品
符号
防水層張掛け幅 排水
型式
排水管
接続方法
呼称 備考
アスファルト防水
合成高分子系ルーフィングシート防水
ESSP-6 45mm
(※呼称200のみ65mm)
たて引き ねじ込み式 75,100,125,150,200
ESXC-6 45mm よこ引き ねじ込み式 75,100,125,150