滑り抵抗係数C.S.Rについて

国土交通省の「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」あるいは、東京都の「東京都福祉のまちづくり条例施設整備マニュアル」において、床の滑りについての評価指標が示されております。

人が履物を着用している場合の床の滑りの指標は、JIS A 1454「高分子系張り床材試験方法」に定める床材の滑り性試験によって測定される滑り抵抗係数「C.S.R」を用いることとされております。

敷地内の通路、建築物の出入口、屋内の通路、階段の踏板・踊場、便所・洗面所の床においては、滑り抵抗係数「C.S.R」の評価基準は、一般社団法人日本建築学会の推奨値(案)である、C.S.R=0.4以上が望ましいとされております。

カネソウEXジョイントSXシリーズ「ノンスリップタイプ」は、水+ダストの滑りやすい条件において、滑り抵抗係数C.S.R=0.4以上を確保しており、安全にお使いいただけるピット蓋を提供しています。

カネソウEXジョイントSXシリーズの「ノンスリップタイプ」には、下記マークを表示しております。
C.S.R滑り性試験の様子