カネソウ HACCP対応製品

HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)とは

食品の衛生・品質管理の手法です。

HACCPとは、厚生労働省が定める、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある、微生物汚染等の危害をあらかじめ分析し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じれば、より安全な製品を得ることができるかという重要管理点を定め、これを連続的に監視することにより、食品の安全を確保する衛生管理の手法です。

関連情報: HACCP(ハサップ) |厚生労働省

従来の衛生管理方式とHACCP方式の違い

抜取による製品検査から工程管理に重点を置く方式へ。

従来の検査方式は、抜取検査が主流で、出荷前の製品の中からいくつかのサンプルを抜き出して検査し、異常がなければ残りの製品も「合格」として出荷していました。しかし、この方式では、製品による事故の発生を完全に防ぐことは不可能でした。HACCP方式は、下記の図のように、危害を防止するための重要管理点を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録することで、より製品の安全性を確保することができます。

従来方式とHACCP方式の比較:
重要管理点を加熱・冷却・包装の工程に特定した場合の例



より安全で衛生的な食品が製造できます。

HACCP導入のメリット(一例)

  • クレームやロス率が下がり、品質のばらつきが少なくなります。
  • 衛生管理のポイントを明確にして、記録を残すことで、安定した安全な製品が作れます。
  • 工程ごとに確認すべきことが明確になります。


関連情報: ご存知ですか?HACCP(リーフレット)[PDF] |厚生労働省

こちらもご覧ください