カネソウ HACCP対応製品


HACCP導入に役立つカネソウのサニタリートラフ


製造環境の衛生管理に役立ちます。

HACCPシステムを導入する前段階として、設備・施設等のサニタリー化(清潔化)が、必要不可欠となります。その中で、床の排水システムにおいては、従来のコンクリート製排水溝では、年月が経つと、どうしてもクラック(ひび割れ)が発生し、そこに菌が繁殖する恐れがあり、衛生的な排水システムを実現するのが困難でした。そこで、これらの問題を解消するのが、オールステンレス製で排水蓋用受枠と排水溝が一体型の排水システム「サニタリートラフ」です。

オールステンレス製の受枠・排水溝一体型で、微生物による汚染や異物の混入を防ぎます。

コンクリート製排水溝では、年月が経つと、どうしてもクラック(ひび割れ)が発生し、このすきまで微生物が繁殖し、微生物による汚染や異物の混入が発生する恐れがありましたが、排水溝をSUS304製の一体型とすることで、こうした問題を防ぎます。


清掃のしやすい形状です。

溝側面と底面の境界部をR形状(曲線形状)とすることにより、ゴミが溜まりにくく、清掃がしやすくなります。

水勾配により排水がスムーズ

排水溝には1/120(DRYは1/100)の水勾配が設けられており、排水がスムーズに流れます。

HACCP対応型 サニタリートラフ製品紹介

HACCP対応型 カネソウサニタリートラフの製品紹介です。


ドライ厨房用 サニタリートラフ DRY

ドライ厨房用のメリット

ドライ厨房は、床面を含め、作業中は常に乾いた状態にあり、水をこぼした場合はただちに排水をし、最後に水洗いをしてから乾燥させる厨房です。そのため、水による厨房内の湿度上昇、雑菌やカビの発生を防ぎます。

ドライ厨房に最適なDRYシリーズ

  • みぞ部は、スリムなスリット形状です。また、みぞ蓋が不要なため、コストを削減できます。
  • 1/100の水勾配が付いており、排水がスムーズです。
  • 4000mmまで一体成形のため、設置時に組立作業が不要で、工期短縮に効果的です。
dry

DRYのバリエーション

蓋が不要のスリットタイプの排水溝で、水を床に流すことが少ないドライ厨房での使用に適しています。

現場溶接タイプ サニタリートラフ STWV

現場溶接タイプのメリット

連結部は、溶接によって、一体性が確保でき、高い水密性が保持できます。

現場溶接タイプのSTWVシリーズ

  • 清掃がしやすいように、溝側面と底面の境界部をR形状としています。
  • 受枠と排水溝に継ぎ目のない一体型です。
  • 1/120の水勾配が付いており、排水が流れやすく、残渣が残りにくい形状です。
  • 3000mmまで一体成形のため、連結箇所を減らすことで、コスト削減に貢献します。
  • ドアピットやサッシ(窓枠)際の外部排水溝としても、お使いいただけます。
STWV STWV

STWVのバリエーション

設置現場における溶接により、排水溝を一体とするシステムです。

組立タイプ サニタリートラフ STV

組立タイプのメリット

連結部はボルトとナットで簡単に組み立てることができます。

組立タイプのSTVシリーズ

  • 清掃がしやすいように溝側面と底面の境界部をR形状としています。
  • 受枠と排水溝に継ぎ目のない一体型です。
  • 1/120の水勾配が付いており、排水が流れやすく、残渣が残りにくい形状です。
  • 直線部材は最大1500mmとし、現場における搬入や取り回しが容易です。
  • レベル調整ボルトで簡単にレベル調節できます。また、レベル調整架台付のため、安定した据付けが可能で、防水層を傷つけることな く施工ができます。
  • 連結部からの水漏れを防ぐため、耐熱性・耐寒性に優れ、劣化の少ないシリコーン系ゴムパッキンを採用しました。
STV-SSTV

STVのバリエーション

ボルトとパッキンで接続を行う、施工性の良い、現場組立式の排水溝システムです。

こちらもご覧ください