鉄蓋製品 強度基準表

鉄蓋を選ぶにあたっては、通行車両の総重量、設置場所、破壊荷重などをご確認ください。なかでも、通行車両の総重量と鉄蓋の破壊荷重の関係は、もっとも重要な選定のための基準となります。安全荷重の範囲内でご使用ください。

圧縮試験機

マンホール・ハンドホール鉄蓋の強度基準

マンホール・ハンドホール鉄蓋の強度は、T-25、T-20、T-8、T-6、T-2、歩行用に分けられ、下表のようになります。

設置場所:建物内、建物敷地内、公園敷地内及び敷地周辺道路(公共の車道を除く)
T荷重 車種 総重量 基準・規格 加重体の大きさ 安全荷重 破壊荷重
T-25 グレードC
呼び300
大型車両、
トレーラー、
はしご消防車
25,000kgf 公益社団法人 空気調和・衛星工学会
SHASE-S 209-2009鋳鉄製マンホールふた
に準じた社内基準
φ170mm 31kN 124kN
以上
T-25 グレードC
呼び350〜750
大型車両、
トレーラー、
はしご消防車
25,000kgf 公益社団法人 空気調和・衛星工学会
SHASE-S 209-2009鋳鉄製マンホールふた
に準じた社内基準
φ330mm 62.5kN 250kN
以上
T-20 グレードC
呼び300
大型トラック、
バス
20,000kgf 公益社団法人 空気調和・衛星工学会
SHASE-S 209-2009鋳鉄製マンホールふた
種類 5000K
φ170mm 25kN 100kN
以上
T-20 グレードC
呼び350〜900
大型トラック、
バス
20,000kgf 公益社団法人 空気調和・衛星工学会
SHASE-S 209-2009鋳鉄製マンホールふた
種類 5000K
φ330mm 50kN 200kN
以上
T-8 救急車 8,000kgf 国土交通省大臣官房官庁営繕部
公共建築工事標準仕様書(電気設備工事編)
平成28年版
φ150mm 20kN 80kN
以上
T-6
4トントラック、
普通乗用車
(2001cc以上)
6,000kgf 公益社団法人 空気調和・衛星工学会
SHASE-S 209-2009鋳鉄製マンホールふた
種類 1500K
φ170mm 15kN 60kN
以上
T-2
小型乗用車
(2000cc以下)
2,000kgf 公益社団法人 空気調和・衛星工学会
SHASE-S 209-2009鋳鉄製マンホールふた
種類 500K
φ150mm 5kN 20kN
以上
荷重 基準・規格 設置場所 荷重条件 たわみ試験荷重
歩行用 公益社団法人 日本道路協会 道路橋示方書
平成24年3月版
歩道 等分布荷重 5.0kN/u

カラー舗装用鉄蓋の強度基準

カラー舗装用鉄蓋の強度は、T-20、T-14、T-6、T-2に分けられ、下表のようになります。

設置場所:建物内、建物敷地内、公園敷地内及び敷地周辺道路(公共の車道を除く)
T荷重 車種 総重量 基準・規格 加重体の大きさ 安全荷重 破壊荷重
T-20
グレードC
大型トラック、
バス
20,000kgf 公益社団法人 空気調和・衛星工学会
SHASE-S 209-2009鋳鉄製マンホールふた
種類 5000K
φ330mm 50kN 200kN
以上
T-6
4トントラック、
普通乗用車
(2001cc以上)
6,000kgf 公益社団法人 空気調和・衛星工学会
SHASE-S 209-2009鋳鉄製マンホールふた
種類 1500K
φ170mm 15kN 60kN
以上
T-2
小型乗用車
(2000cc以下)
2,000kgf 公益社団法人 空気調和・衛星工学会
SHASE-S 209-2009鋳鉄製マンホールふた
種類 500K
φ150mm 5kN 20kN
以上
設置場所:建物内、建物敷地内、公園敷地内及び敷地周辺道路(公共の車道を除く)
T荷重 車種 総重量 基準・規格 載荷面積 衝撃係数 衝撃を考慮した
後輪一輪荷重
破壊荷重
T-14 8トン貨物、
ダンプ、
消防車、
バス
14,000kgf キャブシステム研究委員会(建設省 道路局)
キャブシステム技術マニュアル(案)
解説増補・改訂版(平成元年11月発行)
200×500mm 0.1 60.41kN 242kN
以上

T-14荷重の製品について

車両制限令では、道路を走行できる車両の、1輪あたりの最大荷重は、5トン(5,000kgf)までと規定されています。そのため、T-14荷重の製品は、総重量が14トンを超える車両においても、1輪荷重5,000kgfまでの緊急車両等の乗り入れが可能です。ただし、車両が頻繁に通行する場所には適しません。

下水道用鉄蓋・情報BOX用鉄蓋の強度基準

下水道用鉄蓋・情報BOX用鉄蓋の強度は、T-25、T-20、T-14に分けられ、下表の通りです。

下水道用鉄蓋・情報BOX用鉄蓋の強度基準

T荷重 総重量 基準・規格 設置場所 載荷面積
(a×b)
衝撃係数 衝撃を考慮した
後輪一輪荷重
破壊荷重
T-25
グレードA
呼び300
25,000kgf 公益社団法人 日本下水道協会
下水道用鋳鉄製マンホールふた
JSWAS G-4-2009
道路一般 φ170mm 0.4 140kN 180kN
以上
T-25
グレードA
呼び600
25,000kgf 公益社団法人 日本下水道協会
下水道用鋳鉄製マンホールふた
JSWAS G-4-2009
道路一般 200×500mm 0.4 140kN 700kN
以上
T-20
グレードA・B
20,000kgf 日本グラウンドマンホール工業会
下水道用マンホールふた T-20
JGMA A-0002-1995
(公的規格は廃止)
歩道又は大型車の
交通の少ない道路
200×500mm 0.4 109.83kN 600kN
以上
T-14 14,000kgf 公益社団法人 日本下水道協会
下水道用鋳鉄製マンホールふた
JSWAS G-4-2009
歩道又は大型車の
交通の少ない道路
200×500mm 0.4 80kN 400kN
以上

下水道用鉄蓋の荷重強さの諸元

下水道用鉄蓋の荷重試験時の荷重強さ、載荷面積の諸元は、道路橋示方書及びJIS A 5506に準じ、下表の通りです。
種類 輪荷重(※1) 載荷面積
橋軸方向の幅
(a)
橋軸直角方向の幅
(b)
T-25(※2) 100kN 200mm 500mm
T-14 55kN
※1 輪荷重は道路橋示方書でT-25の場合100kN(後輪片側40%)と規定され、T-14の場合旧版の道路橋示方書で5.6トンと規定、換算して55kNとなる。
※2 呼び300については、載荷面積(長さ200×500mm)がすべて載らないため、載荷面積の約4分の1(φ170mm)の載荷板を用い、同様の応力となる試験荷重を求めて55kNとした。

T-25・T-14の荷重条件時の後輪一輪荷重と載荷面積

T-25、T-14の荷重条件時の後輪一輪荷重と設置面積
※社団法人 日本道路協会
道路橋示方書・同解説 平成2年2月版 に基づく。


下水道用防護ふたの強度基準

T荷重 総重量 基準・規格 設置場所 載荷面積
(a×b)
衝撃係数 衝撃を考慮した
後輪一輪荷重
破壊荷重
T-25
グレードA
25,000kgf 公益社団法人 日本下水道協会
下水道用鋳鉄製防護ふた
JSWAS G-3-2005
道路一般 200×250mm 0.4 140kN 350kN
以上
T-14 14,000kgf 公益社団法人 日本下水道協会
下水道用鋳鉄製防護ふた
JSWAS G-3-2005
大型車の交通の
少ない道路
200×250mm 0.4 80kN 200kN
以上
T-8 8,000kgf 公益社団法人 日本下水道協会
下水道用鋳鉄製防護ふた
JSWAS G-3-2005
歩道・宅地内 200×250mm 0.4 45kN 120kN
以上

下水道用防護ふたの荷重強さの諸元

下水道用防護ふたの荷重試験時の荷重強さ、載荷面積の諸元は下表の通りです。
種類 輪荷重 載荷面積
橋軸方向の幅
(a)
橋軸直角方向の幅
(b)
T-25 105kN 200mm 250mm
T-14 60kN
T-8 35kN

下水道用防護ふたの荷重試験時の荷重強さは、道路橋示方書及びJIS A 5506に準じていますが、JIS A 5506で規定されている呼び600にふたに対して、JSWAS G-3 2005に規定する防護ふたは径が小さく、T荷重の載荷面積(200×500mm)がすべて載らないため、JSWAS G-3 2005に基づき、呼び300については載荷面積の約2分の1(200×250mm)の載荷板を用い、同様の応力となる試験荷重を求めています。

鉄蓋のグレードについて

鉄蓋のグレードは下表のとおりです。

カネソウでは、道路法に基づき政令として公布された「道路構造令」に準じ、強度基準とは別に鉄蓋にグレードを設定しています。グレードは道路を通行する車両の交通量によってA、B、Cの3分類に分けられ、下表のとおりです。

グレード 設置場所
グレードA 車両の通行量が多い場所に設置可能なもの
(1日4,000台以上)
グレードB 比較的車両の通行量が少ない場所に設置可能なもの
(1日4,000台未満)
グレードC 団地敷地内、工場敷地内、歩道など車両の通行量が少ない場所に設置可能なもの
公道には適しません。