サイト内検索 サイトマップ  
ワンポイント情報
ステンレス製玄関マットの切欠き加工について
製品分類 ステンレス製玄関マット 分類番号 P180608
ステンレス製玄関マットの切欠き加工について

ステンレス製玄関マットに切欠き加工をする場合、切断面にあて板を付けます。
玄関マットのメインバー高さが、h=15であればFB3×15、h=20であればFB3×20を使用します。
標準の仕様はオープンエンドですが、切欠き加工をした部分はメインバー端部とクロスバーの距離が長くなり、メインバーが変形するなどの破損を防ぐ為あて板を付けています。

P150423-2