サイト内検索 サイトマップ  
ワンポイント情報
ボーダースリットの枠を現場で切断する場合の注意事項
製品分類 ボーダースリット 分類番号 P180726
ボーダースリットの枠を現場で切断する場合、
現場での切断で、スリット蓋を受ける角パイプが2本になる場合は、
角パイプのピッチが200以上となるようにしてください。

角パイプのピッチが200以下の場合、下図のように左右のロック金具が干渉し、
スリット蓋を枠に固定することができません。


補足
スリット蓋を受ける角パイプのピッチを200以下にしてしまった場合の対処例

スリット蓋の割付を変更し、となりの枠の角パイプを利用します。

図の場合、定尺+端尺364mmを、端尺596+764として対応します。

ただし、すべての割付に対応できるわけではない為、
現場にて、スリット蓋の受材を追加する必要がある場合もあります。


関連ワンポイント:P070125