ボーダースリット蓋VGRM用の受枠 BKIT-Eの現場切断について


BKIT-Eを現場で切断した場合は、現場で受枠の角パイプに丸穴加工と、裏面に六角ナットの溶接が必要となります。




切断が予定されている場合は、受枠に丸穴加工と裏面の六角ナットを溶接した受枠をご用意いたします。

<例>切断が予定される範囲を避けて、φ11穴、六角ナットを溶接して出荷


関連ワンポイント:
P070927 ダクタイル鋳鉄製スリット蓋VGRM端尺部分の固定方法について