ボーダースリットの塗装について


ボーダースリット(スチール製)の表面処理は溶融亜鉛めっきを施しておりますが、塗装を要望される場合があります。
以下の画像はめっき後のボーダースリットの塗装における工程を示します。

@めっき後ボーダースリットの塗装前下処理
リン酸亜鉛処理
薬液槽に浸漬し、表面を粗し、塗料の付着を高めます。



A塗装
ポリエステル系粉体焼付塗装
塗装ブースで、スプレーガンにより粉体塗料を吹き付けます。
吹き付けるだけでは塗料は付着しませんので、
静電気により、塗装対象に付着させます。(静電塗装)
その後乾燥炉で加熱溶解して塗膜を形成します。(焼付塗装)



B塗装後(黒:半艶)
色・艶は選択可能です。