サイト内検索 サイトマップ  
ワンポイント情報
ボルト固定式用受枠の現場切断について(2)
製品分類 ステンレス製
グレーチング
スチール製
グレーチング
分類番号 P150326
ボルト固定用の受枠を現場で切断加工されることがあります。
端部で切断した場合、蓋のボルト固定に必要な長さが確保できなくなります。
端部のボルトを除去し、ボルトを付け直す必要があります。

p141218



ボルト固定用の受枠を現場で切断加工する場合は、中間部で切断を行ってください。

p141218



ボルト固定式受枠の現場切断についてP130221も参照して下さい。