サイト内検索 サイトマップ  
ワンポイント情報
クロロプレンゴム(CR)について
製品分類 資料編 分類番号 P030217
クロロプレンゴムとは、クロロプレン重合物でできた合成ゴムのことで、英語でChloroprene Rubberと表し、略してCRと表記することもあります。また、「ネオプレンゴム」と言われることもあります。「ネオプレンゴム」はデュポン鰍フ商品名です。
耐候性、耐熱性、耐オゾン性、耐薬品性などに平均した性質を持ち耐油性に優れ、一般物理的性質も良い合成ゴムで、一般工業用ゴム製品に幅広く用いられています。
欠点としては、ガソリン・軽油・ベンゼン・トルエンなどの溶剤に適さない性質があります。

クロロプレンゴムの性質
ゴムの種類 耐老化性 耐候性 耐オゾン性 耐炎性 ガソリン
軽油
ベンゼントルエン
CR ×
ゴムの種類 トリクレン アルコール エーテル ケトン 酢酸エチル
CR × ×〜△ △〜〇 ×
ゴムの種類 有機酸 高濃度
無機酸
低濃度
無機酸
高濃度
アルカリ
低濃度
アルカリ
CR ×〜△
:すぐれている :よい :ややよい ×:わるい

上記のような特徴を活かし、カネソウ製品の中では、マンホール鉄蓋などのパッキンとして使用しています。
なお、クロロプレンゴムの耐熱・耐寒性についてはワンポイント情報P030115をご確認ください。