サイト内検索 サイトマップ  
ワンポイント情報
ステンレス製品の溶接焼け除去について
製品分類 資料編 分類番号 P181212
金属製品を製作する際、溶接工程において溶接焼けが発生します。
特にステンレス製品の溶接焼けは、外観の変化だけではなくステンレス自体の組成の変化を伴い、不動態被膜(表面に薄い耐食性を持つ膜)の破壊や電解腐食など将来的に使用上のトラブルの原因となるため、除去する必要があります。

除去方法には下記があります。

@研削法(機械的方法)加工対象の表面を削る方法
A酸洗法(化学的方法)酸液に加工対象を浸漬して酸化物を洗い落とす化学洗浄処理方法
B電解法(電気的化学方法)電解液を使用し、電気化学反応で溶接焼けを取る方法

サニタリートラフなど常に水にさらされる使用状況に置かれる製品については、外観と耐食性を損なわない電解法で溶接焼けを除去しています。

溶接焼け除去前

溶接焼け除去後