各種規格該当品のマンホール鉄蓋について


各種規格の該当品とする場合、各規格に応じた仕様(鎖や鋳出文字等)が必要な場合があります。


独立行政法人都市再生機構 電気設備標準詳細設計図集第12版(平成30年度)(一部抜粋)

1)蓋には「電気」、「電話」、「情報」、「CATV」等の用途に応じたマークを鋳出する。
2)蓋には盗難防止用の鎖(溶融亜鉛めっき)を取り付ける。


国土交通省大臣官房官庁営繕部 公共建築設備工事標準図(機械設備工事編)平成31年度版(一部抜粋)

1)ふた(化粧ふたを除く。)の表面に、消火水槽の場合は「消火水槽」、汚物槽の場合は「汚物槽」、オイルタンクの場合は「油槽」、弁桝の場合は「止水弁」等のように用途を示す文字を鋳出す。
2)表示は、記号及び大きさの呼びとする。


国土交通省大臣官房官庁営繕部 公共建築設備工事標準図(電気設備工事編)平成31年度版(一部抜粋)

1)本体又は枠と、ふたを鎖で連結する。