会社沿革

1922 大正11年02月 古くから鋳物造りの盛んな「くわな鋳物」の産地、「鋳物の街くわな」の三重県桑名市大字桑名344番地に於て、現名誉会長の父、小林惣太郎により創業。
1950 昭和25年03月 現名誉会長小林昭三が継承する。鋳鉄製家庭金物を製造。
1958 昭和33年04月 資本金500万円にて有限会社小林鋳造所を設立し、建設用鋳鉄製品の製造・販売を開始する。
1970 昭和45年03月 資本金1,000万円とし、小林鋳造株式会社を設立。
1972 昭和47年05月 低周波誘導炉3ton1基を設備。(平成14年3月廃棄)
1973 昭和48年08月 低周波誘導炉3ton1基を増設。(平成14年3月廃棄)
  10月 自動造型ラインAST-6Aを設備。(平成10年8月廃棄)
1974 昭和49年05月 小林鋳造株式会社の資本金を4,800万円とする。
1979 昭和54年10月 資本金を4,800万円にてカネソウ株式会社を設立。
  12月 小林鋳造株式会社より販売部門を譲り受ける。
1981 昭和56年03月 小林鋳造株式会社より製作金物製品と鋳鉄器材製品の製造部門を譲り受け、建設用金属製品の総合メーカーとなる。
1988 昭和63年04月 小林鋳造株式会社が日本工業規格表示許可工場(JIS G 5502 球状黒鉛鋳鉄品)に認証される。
1989 平成元年07月 5ton/h熱風キュポラ設備を導入。(平成10年8月廃棄)
  平成元年09月 カネソウ株式会社、小林鋳造株式会社両社、私募債各1億円を発行。
  12月 APS-H5Z自動造型ラインを増設。(平成14年3月廃棄)
1990 平成02年06月 カネソウ株式会社の資本金を8,000万円とする。
1991 平成03年03月 小林鋳造株式会社と合併し、資本金を1億2,800万円とする。旧小林鋳造株式会社はカネソウ株式会社川越工場(三重県三重郡川越町)とする。
  05月 日本工業規格表示許可を合併により再受審、認証される。
  06月 資本金を2億円とする。
  12月 資本金を3億2,000万円とする。
1992 平成04年06月 資本金を4億円とする。
  11月 (財)素形材センターより第7回素形材産業環境優良工場として表彰される。
  12月 資本金を5億円とする。
1993 平成05年03月 第三者割当増資を行い、資本金を11億円とする。
1994 平成06年04月 下水道用資器材製造工場に認定される。
1995 平成07年11月 平成7年度工業標準化実施優良工場として中部通商産業局長より表彰を受ける。
1996 平成08年12月 品質マネジメントシステム規格「ISO9001」の認証を取得。
1997 平成09年03月 名古屋証券取引所市場第2部に上場。
  03月 資本金を18億2,000万円とする。
  09月 環境マネジメントシステム規格「ISO14001」の認証を取得。
1998 平成10年03月 小林昭三が社長から会長に就任、小林正和が副社長から社長に就任。
  08月 高周波誘導炉2ton 1基を設備。
2002 平成14年03月 2001年度三重県経営品質賞奨励賞を受賞。
  04月 本社朝日工場に鋳造工場を新設し、全自動造型設備(PMS-8-AR)を導入。
2003 平成15年03月 2002年度三重県経営品質賞奨励賞を受賞。
  03月 高周波誘導炉2ton1基を増設。
2005 平成17年02月 カチオン電着塗装設備を導入。  
2006 平成18年03月 3D測定器を導入。
  平成18年11月 新JIS表示制度に基づき、JISマーク表示の認証を取得。(JIS G 5502 球状黒鉛鋳鉄品)
2008 平成20年03月 小林昭三が会長から名誉会長に、小林正和が社長から会長に、近藤健治が副社長から社長に就任。  
2015 平成27年01月 高周波誘導炉2ton1基を新型高効率IGBT式に更新。
2016 平成28年04月 バンドソーマシンを更新。
2017 平成29年01月 高周波誘導炉2ton1基を新型高効率IGBT式に更新。
  01月 門形マシニングセンタを更新。
  08月 3D測定器(3Dスキャン)を導入。
  08月 立形旋盤を更新。
  10月 NC旋盤を更新。