沿革

  • 1922 大正11年 2月 桑名市大字桑名344番地に於て、現名誉会長の父 小林惣太郎により創業。
  • 1950 昭和25年 3月 現名誉会長小林昭三が継承する。鋳鉄製家庭金物を製造。
  • 1958 昭和33年 4月 資本金500万円にて有限会社小林鋳造所を設立し、
    建設用鋳鉄製品の製造・販売を開始する。
  • 1970 昭和45年 3月 資本金を1,000万円とし、小林鋳造株式会社を設立。
  • 1974 昭和49年 5月 小林鋳造株式会社の資本金を4,800万円とする。
  • 1979 昭和54年 10月 資本金4,800万円にてカネソウ株式会社を設立。
  • 1979 昭和54年 12月 小林鋳造株式会社より販売部門を譲り受ける。
  • 1980 昭和55年 11月 三重県三重郡朝日町に工場2棟を建設し、
    建設用鋼材製品・アルミ製品・ステンレス製品の製造を開始。
  • 1981 昭和56年 3月 小林鋳造株式会社より 製作金物製品の製造部門と鋳鉄器材製品の製造部門を譲り受け、 建設用金属製品の総合メーカーとなる。
  • 1982 昭和57年 4月 東京営業所を開設。
  • 1988 昭和63年 4月 小林鋳造株式会社が
    日本工業規格表示許可工場(JIS G 5502 球状黒鉛鋳鉄品)に 認定される。
  • 1989 平成元年 9月 カネソウ株式会社、小林鋳造株式会社両社、私募債各1億円を発行。
  • 1990 平成2年 6月 カネソウ株式会社の資本金を8,000万円とする。
  • 1990 平成2年 7月 東京営業所を東京支店とする。
  • 1991 平成3年 3月 小林鋳造株式会社と合併し、資本金を1億2,800万円とする。
  • 1991 平成3年 5月 日本工業規格表示許可を合併により再受審、認定される。
  • 1991 平成3年 6月 資本金を2億円とする。
  • 1991 平成3年 12月 資本金を3億2,000万円とする。
  • 1992 平成4年 6月 資本金を4億円とする。
  • 1992 平成4年 11月 (財)素形材センターより第7回素形材産業環境優良工場の 表彰を受ける。
  • 1992 平成4年 12月 資本金を5億円とする。
  • 1993 平成5年 3月 資本金を11億円とする。
  • 1993 平成5年 10月 大阪営業所を開設。
  • 1994 平成6年 4月 下水道用資器材製造工場に認定される。
  • 1995 平成7年 11月 平成7年度 工業標準化実施優良工場として、
    中部通商産業局長より表彰を受ける。
  • 1996 平成8年 12月 品質保証システムの国際規格「ISO9001」の認証を取得。
  • 1997 平成9年 3月 名古屋証券取引所市場第2部に上場。
  • 1997 平成9年 3月 資本金を18億2,000万円とする。
  • 1997 平成9年 9月 環境管理システムの国際規格「ISO14001」の認証を取得。
  • 1997 平成9年 12月 仙台営業所を開設。
  • 1998 平成10年 3月 小林昭三が社長から会長に就任、 小林正和が副社長から社長に就任。
  • 1998 平成10年 8月 福岡営業所を開設。
  • 1999 平成11年 10月 100%出資、資本金1,000万円にてマイウエア株式会社を設立。
  • 2002 平成14年 3月 2001年度三重県経営品質賞 奨励賞を受賞。
  • 2003 平成15年 3月 2002年度三重県経営品質賞 優秀賞を受賞。
  • 2006 平成18年 11月 新JISマーク表示制度に基づき、JIS表示の認証を取得。
    (JIS G 5502 球状黒鉛鋳鉄品)
  • 2008 平成20年 3月 小林昭三が会長から名誉会長に、 小林正和が社長から会長に、
    近藤健治が副社長から社長に就任。
  • 2017 平成29年 2月 創業95周年を迎える。