経営上のキーワード

カネソウでは「快適をかたちに」をミッションとして、環境保全を推進しながら、建物の防災ニーズへの対応、 景観整備を含めた都市環境の快適化、高齢化社会における安全で安心して暮らせるまちづくりなどに貢献して参ります。

●防災ニーズへの対応

近年、住環境に対しての防災ニーズが急速に高まっています。カネソウでは、地震や不同沈下による建物の損壊を防ぐエキスパンションジョイントを昭和59年より提供してきました。さらにここ数年、地震時における建物の安全性に対する要求が高まり、その着工件数が増えている免震構造建築に対し、専用のエキスパンションジョイントを開発・製造し、庁舎、病院、マンション、物流倉庫など多くの建物に納入しています。また、木造住宅用の耐震補強装置など防災ニーズにお応えしています。

●都市環境の快適化

生活圏の快適さを高めるため、都市環境の整備はこれからも増えていくと思われます。誰もが安心して暮らせる安全で快適な都市環境づくりは、社会ニーズとして求められています。カネソウでは、歩行者の安全性を確保すると共に、意匠にこだわった製品を開発。歩行者の転倒事故を未然に防ぐノンスリップタイプのみぞ蓋、ベビーカーや杖がスムーズに通過できる、すきまの小さいタイプの各種みぞ蓋や、歩道と車道の分離を図るための車止めなどを提供しています

●福祉のまちづくりへの貢献

高齢化社会を迎え、住まいや周辺の生活環境が変わりつつあります。安心して通行できる幅の広い歩道、段差の少ない歩行環境など、高齢者や障害者にも配慮された快適な福祉の街づくりが多くなってきました。カネソウでは車椅子やベビーカーの通行をスムーズにする細目タイプのみぞ蓋、視覚障害者誘導用のマーカーを用意して、これらのニーズにも応えています。

●環境保全の推進

地球環境の保全は、人類にとって大きなテーマです。カネソウでは、人が生活していくうえで必要な環境保全にも役立ちたいと考えています。太陽光発電システムを建物に設置するための製品や、建物に降り注いだ雨水を、清掃やガーデニングなどの水撒き用の水として貯えておく雨水利用システム、廃タイヤを再利用し、舗装材やタイヤ止めに再生したリサイクルゴムチップ製品など環境に配慮した製品を開発しています。

●人と緑の共生

都市部において、ヒートアイランド現象やCO2の増加が問題となっている現在、都市部における緑化の推進、人と緑の共生が重視されています。カネソウでは、都市部において、より有効に緑地面積を増やす屋上緑化・壁面緑化をサポートする製品を提供。また、公園や歩道、建築外構における緑化・造園関連製品として、路面の有効スペースを確保しながら樹木の根元を踏圧から守り、水分の吸収や通気を確保する樹木保護蓋や植栽桝用見切材を供給しています。