鋼製溝付スリットみぞ蓋シリーズ

強度基準

強度は、R5(輪荷重5トン)、T-2、歩行用の3種類を設定。使用場所に応じた選択が可能です。

  1. R5(輪荷重5トン)
  2. T-2
  3. 歩行用
鋼製溝付スリットみぞ蓋の強度基準は下表のとおりです。
設置場所 車種例 強度 基準・規格 後輪1輪にかかる荷重 タイヤ接地面積(載荷板)
建物内、建物敷地内、公園敷地内、車道以外で車両の乗り入れる可能性のある場所 車両制限令で規定されている、道路を走行できる車両 R5
(輪荷重5トン)
車両制限令に基づき、道路を通行する車両の最高限度である、総重量 25,000kgf、1輪荷重5,000kgfまでの車両の乗り入れが可能 50.0kN 200×500mm
建物内、建物敷地内、公園敷地内、車道以外で車両の乗り入れる可能性のある場所 小形乗用車(2000cc以下) T-2 総重量2,000kgfまでの車両の乗り入れが可能 7.8kN 200×160mm
歩道 歩行用 道路橋示方書、歩道等の群集荷重 5.0kN/u 等分布荷重

R5(輪荷重5トン)について

車種例:車両制限令で規定されている、道路を走行できる車両

強度:R5(輪荷重5トン)
※車両が頻繁に通行する場所や、フォークリフト等の特殊車両が通行する場所には適しません。

基準・規格による車両の総重量:25トン(25,000kgf)

荷重(後輪1輪にかかる荷重):50.0kN(5トン)

タイヤ接地面積:200×500mm
車両制限令で規定されている、総重量、軸重、輪荷重とは下図のとおりです。

道路を走行できる車両の一輪あたりの最大荷重は5トンまでです。
※車両制限令 第三条 車両の幅等の最高限度 に基づく。

T-2について

車種例:小形乗用車(2000cc以下)

強度:T-2
※車両が頻繁に通行する場所や、フォークリフト等の特殊車両が通行する場所には適しません。

基準・規格による車両の総重量:2トン(2,000kgf)

荷重(後輪1輪にかかる荷重):
W=2,000kgf×0.4
 =800kgf
 =7.8kN

タイヤ接地面積:200×160mm
荷重に対する考え方は下図のとおりです。


※一般社団法人 公共建築協会
 建築材料・設備機材等本質性能評価事業 平成29年版 グレーチングの試験荷重 に基づく。

歩行用について

強度:歩行用

基準・規格:歩道等の群集荷重

荷重:5.0kN/u(等分布荷重)

荷重条件:等分布荷重

※道路橋示方書2.2.2 活荷重 (3)床板及び床組を設計する場合の活荷重より