ルーフドレン


たて引き用ルーフドレン施工要領
よこ引き用ルーフドレン施工要領

たて引き用打込型ルーフドレンの施工要領

打込型

@型枠に十字線を引き、十字の中心に10mm程の穴をあけます。 (この穴から階下のルーフドレン位置との芯のズレをチェックできます。)位置決めプレートを、十字線の中心と合わせ、釘を打ちつけて固定します。

A 位置決めプレートに合わせてスペーサーを置き、長ねじボルトを位置決めプレートにねじ込みます。

Bルーフドレン本体をスペーサーの上に置きます。この時、本体がスペーサーの上に確実に載っていることを確認してください。(外廊下排水用ルーフドレンには、本体の回転を防止する「ズレ止めパイプ」が付属します。)

C養生蓋を本体にかぶせ、蝶ナットで固定して取付完了。コンクリートを打設します。コンクリート硬化後、蝶ナットをゆるめ養生蓋を外します。 長ねじ・位置決めプレートは、型枠を外す際に一緒に外します。

納まり図

スペーサーの規格および寸法

規格 外径 近似内径
SU75 80 75
SU100 106 100
SU125 134 125
VU65 76 71
VU75 89 83
VU100 114 107
VU125 140 131
VU150 165 154
LP90 94 90
LP150 156 150
LP180 186 180
アルミ230 238 232

スペーサーの規格及び寸法


たて引き用ルーフドレン 施工上の注意

たて引き用 打込型・一般型ルーフドレン

たて引き用 一般型ルーフドレン



よこ引き用打込型ルーフドレンの施工要領

よこ引き用打込型ルーフドレンの施工要領

打込型

@型枠に十字線を引き、位置決めプレートを付属の釘で固定します。この時、位置決めプレートの上下に注意してください。(位置決めプレートには上下の表示がなされています)。

A長ねじボルトを位置決めプレートにねじ込み、スペーサーを位置決めプレートにはめ込みます。

Bルーフドレン本体をスペーサーに合わせてセットし、固定プレート・蝶ナットで固定します。 (必ず本体が、水平であることを確認してください。)

C養生シートを本体に貼り付け取付完了。コンクリートを打設します。コンクリート硬化後、蝶ナットをゆるめ固定プレートを外します。長ねじ・位置決めプレートは、型枠を外す際に一緒に外します。

よこ引き用ルーフドレン 施工上の注意

よこ引き用 打込型・一般型ルーフドレン

よこ引き用 一般型ルーフドレン


呼樋長さの算出方法

パラペットを貫通する呼樋の長さは、次の方法で算出します。


a寸法
ねじの呼び a(mm)
R2 15.88
R2 1/2 17.46
R3 20.64
R4 25.40
R5 28.58
R6 28.58
PT8 38.10
ねじの呼びRは管用テーパおねじ(JIS B 0203)を表します。